売却希望額は言わない

安易に希望額を言わないことで、相手のペースにならずに売主が主導権を握ることができる

業者は何とかして売主の車を安く買おうと思っていますので、こちらが不利になるようなことについてうっかりしゃべらない注意も必要です。
ここでは、少しでも車を高く売るためのコツについて触れてみたいと思います。

 

・売却希望額は絶対に言ってはならない。
-車を売る価格というのはどのようなものでしょうか。漠然とただ高く売れれば良いとはせずに少し考えてみましょう。
おそらくは、納得いく価格なら良いとするのではないでしょうか。少し前は下取りよりも少し高い価格を提示することでこの納得いく価格を作っていました。

 

車オーナーも下取りよりも高く買ってくれるならそれは良いと納得したわけですね。
業者としても、これを仕入れて業者オークションで転売して利ザヤを稼げたわけです。ただ、時代は変わり業者を取り巻く環境も変化しました。現在は車オーナーもある程度賢くなり、ライバルも多いです。

 

そういった時には、車オーナーが納得いく価格というのも変化していますわね。
基本的にはどの業者も安く買いたいのはわけですが、その業者より少しだけ高い金額を申し出るという方法は変わらないのです。
そのため、売主の納得いく金額を探ってきています。なお、査定額の限界は業者のビジネスモデルに依存しています。

 

安易に希望額を言わないことで、相手のペースにならずに売主が主導権を握ることができるでしょう。
どうしても難しいなら高い業者に売るということだけ伝えて他には情報を与えないようにすることです。

 

・即決交渉はほとんどの場合損をする。
-査定業者は早く売主と契約をしてしまいたい気持ちを持っています。
なぜなら比較されることで車を安く仕入れることが難しくなる場合が多いからです。そのため、さっさと契約をしてもらい車オーナーが解約してくれてもキャンセル料が入るような仕組みになっているのです。

 

実際に即決のオファーが得である場合もありますが、基本的に即決を要求するときはまだ高く売れる可能性があると考えても大丈夫です。
特に人気がある車種なら比較によって値段を上げることができますので、「大変嬉しいプランですが比較して決める」と丁寧に断るのも良いですし、話が分かりそうな業者なら比較用の値段を教えて欲しいと単刀直入にいうのも良いでしょう。
とにかく、後々不利になる可能性が高い即決については基本的にしない方がいいでしょう。