縁故交渉での売買もあり

これはあくまで私自身による体験談ですが、私の場合今まで自分の車を購入したりした先が、自分や両親などをはじめとする親族の人間などと昔からの知己のある、自動車整備工場の社長さんのところという事情もあり、次に乗る中古車あるいは新車などへの買取価格分の充当というカタチでの売買による、買取りという方法も間違いなく存在します。

 

車買取専門業者との交渉などでも、この私が今までしてきたようなやり方によるカタチでの売買のやり方とかも可能ですが、ただ、その際には手数料などを取ったりするようなところもありますので、注意が必要です。

 

一方、縁故関連などでの私のような例での車買取申込みを兼ねた次に乗る車の購入の場合には、そうしたやり取りがスムーズにいく場合が多いようですので、このようなカタチの方法なども大いに一度は活用をしてみたりするのも手かもしれません。

 

ただ、私の例のような縁故交渉などのケースでのカタチの場合には、そこの社長さんをはじめとする責任者の方の裁量に大きな査定内容に関しての影響がありますので、この点は事前に了承をしたうえで、申し込みについての相談などを本人さん達と直接行う必要性があります。

 

 

また、やはり縁故交渉の類という事で、事業者側がその縁で最初からかなりな買取価格での下取りや次に乗る車の価格を負けていたりしているような場合もあったりして、実際の交渉などの際にはふっかけや値切りなどがやりにくいような場合も少なくはありません。

 

これらの交渉手段などをしてしまうと買取と購入の両方を下手をすると断られたりしてしまうような事態も考えられたりします。
このため、縁故交渉などの場合には失敗などが許されない点でのデメリットがあったりしますので、あまりオススメが出来るような方法とは言えない面もあります。

 

そうした点では、やはり車買取業者などの方がやり易いといえる面が少なくはありませんので、一概にどちらでの場合が良いとかという、確実性のあるような事はいえないという現実があります。
それでも、一度は交渉をどちらでの場合もしてみたりする価値は間違いなくありますので、人生経験という意味でも、試しにやってみたりする価値はあるかもしれません。

 

 

↓カーセンサーで一括査定をしてみよう
http://www.carsensor.com/