雪国仕様のパッソを売りました

こちらからPRして8万円から22万円まで買取価格をあげてもらいました。

転勤に伴い、それまで乗っていた雪国仕様のトヨタのパッソを関東地方で売却しました。
売ったパッソを買ったのは、青森県に転勤になり、それまで乗っていたFFの車(フィット)では雪国の道路では雪にはまってしまい不安だと思い、4WDで雪国仕様のバッテリーを搭載し、シャーシ下の防錆加工もしてあるパッソを約90万円で購入しました。

 

このパッソでは青森県で3年間、合計5万km程度走っていましたが、関東地方に移動となり、大雪の心配も少なくなってきたことと当時すでに走行距離が合計7万kmになっていてそろそろ乗り換えの時期だと思ったのがきっかけで売却することにしました。

 

すでに7万kmも乗っていた車で高く売れることはないと考えていたので、家の近くのビッグアップルとガリバーの2社にだけ査定をしてもらいました。
最初に依頼したガリバーでは、担当者が簡単に外装と内装の確認をした後、8万円と査定してきました。
期待していなかったとはいえ、あまりに低い値段に唖然としたのと、エンジンをかけるわけでもなく外装と内装を簡単に見ただけで本当にきちんと査定できているのか不安を感じたので、「他の業者の査定設けます」と伝えると、慌てたように担当者は上司と相談をはじめ、今度は12万円と査定してきました。

 

 

正直、10万円で売れれば十分だと思っていたのでその場で決めても良かったのですが、ビッグアップルでの査定額も確認したかったので「他社の査定を確認してまた来ます」と言ってビッグアップルに向かいました。

 

ビッグアップルの担当者にガリバーでの査定額を伝えると、再び簡単な外装と内装の確認を終えた後、15万円と査定してきました。
中古車買取については詳しくなかった私ですが「本来の買取相場はもっと高いのではないか」という疑問が生じてきました。

 

こちらからもPRしたほうが本来の買取相場に近づけるのではないか、と考えたのでシャーシシ下は防錆加工がされていること、スタッドレスタイヤはブリジストンの最高グレードであるGZシリーズを履いていること、前回の車検でブレーキパッドを交換済みであることなどを伝え、10万円くらいの上乗せはできるのではと思い25万円での買取をお願いしてみました。
相手の担当者も「20万円なら」と掛け合ってきましたが、その場で売却のサインをすることを条件に22万円で売ることができました。

 

 

今考えると、ビッグアップルですぐにサインせずにガリバーに再度査定を依頼すればもっと高い値段で売れたのかもしれません。
しかし、もともとは10万円になればよいと思っていた車が20万円以上で売れたのは満足ですし、車の売却についてとても勉強になりました。

 

 

↓カーセンサーで一括査定をしてみよう
http://www.carsensor.com/